<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

長男の言葉には笑った(^.^)   

朝、長男(4歳)が起きて、突然言った一言には笑えた・・・

「ねえ、パパとママ結婚してるの?」

え~、今まで、どう思っていたんだろう?
ていうか、結婚の意味を最近知ったんだろうか?

しかし、何の前ぶれもなく、突然こんな言葉を口にする、子供って面白い!

自分達では、当たり前のことも、小さな子供にとっては、不思議なことばかりなんだと思う。
子供が、疑問に思うことは、笑えるようなことでも、真剣に答えてあげることが、親の義務!

まあ、覚えてないけれど、自分達が同じような年齢の頃、同じようなことを言っていたのだと思う。
やはりここは、子供目線で話をしてあげないといけないですね!

にほんブログ村 住まいブログへ

鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

-------------------------------------------
「今日の言葉」

道を知っていることと
実際に歩くことは違う。

[PR]

by yumenet-k | 2009-06-29 23:26 | 最近の出来事

ボランティアに拍手!!   

週末の土曜日・日曜日は、鹿児島青年会議所(JC)の事業「鹿児島100km徒歩の旅」(知らない方はコチラ)の、1泊2日の現地調査&1泊2日の研修でした。

一言で言うなら「試練」ですね。

1日目、朝の7時に集合して、桜島溶岩グランドから、垂水の松ヶ崎小学校までの道のり、約22.4kmを歩きました。
2日目は、松ヶ崎小学校から、福山小学校までの17.7kmを歩きました。

子供達100名を、歩かせることを前提に考えるので、困難がたくさんです。

「天気」晴れれば、真夏の8月なので、とてつもなく暑い。雨が降れば、足元が危ないし、危険がいっぱい。
「交差点」信号機があるところもあれば、無いところもあって、これもまた危険がいっぱい。
「山道」白銀坂は最強ですが、国分ハイテク展望台も、ビックリするほど、体力を消耗してしまいます。

日差しがサンサンと照り付けて、とても暑かったでしょう
交差点では、うまく誘導ができずに、戸惑い、自分にいらだちを感じたでしょう
山道で、歩くのが精一杯で、体力の無さに気づかされたでしょう

何より、普段当たり前のように使っていた、エアコン、クルマ、水のありがたみを感じたでしょう。
お父さんや、お母さんに、感謝しようという気持が、芽生えたでしょう。
そして、友達の励ましに勇気付けられたでしょう。

電話をしたければ、携帯ですぐに電話できる。
のどが渇けば、水道をひねれば水がでる。
物が欲しければ車で少し走れば、コンビニがある。
汗をかけばシャワーをすぐに浴びられる。

こんな、当たり前の世界から、非日常生活の2日間大変だったでしょう。

しかし、こんな試練ある「100km徒歩の旅」に、高校生を含む大学生ボランティアが、歯を食いしばって、がんばってくれました。

ボランティアの皆に、拍手です!!

本番まで、45日。
今しかできないことがあります。
後悔の残らないように、やりぬきましょう!

ボランティアの皆から、「がんばろう!」メールが届いています。
「できる、できる、必ずできる」の精神で、最後まで気を抜かず、がんばっていこう!

にほんブログ村 住まいブログへ

鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

-------------------------------------------
「今日の言葉」

人生とは自転車のようなものだ。       
倒れないようにするには走らなければならない。
 

- アルバート・アインシュタイン -
[PR]

by yumenet-k | 2009-06-22 23:54 | JC活動

梅雨入りですね・・・これはどうなんでしょう?   

鹿児島も梅雨入りしたそうです。
いやですね、雨ばかりの毎日って・・・

それはそうと、これってどうなんでしょう?
c0069483_21415970.jpg


この雨靴は子供のではなく、妻のものです。
子供が3人いる、年齢〇〇才の履く雨靴です。
ん~、微妙です。

どう思います?
[PR]

by yumenet-k | 2009-06-14 21:44 | 家庭の事

怒りは何も生まない・・・   

来年40歳になろうとしてる私が、やっと気づいたこと。
それは、怒りを爆発させては、何も生まれないということです。

ある会で、研修を言い訳ばかりしてさぼっている人がいました。
私は、まじめにやっているのに、さぼっている・・・

そして、本番・・・
研修をさぼっていたので、やはりその本人は、途中で脱落してしまいました。
またもや、その人は、言い訳ばかりしています。

私は、「さぼってばかりいるから、そうなるんだ!」と怒りがこみ上げてました。
しかし、その会のリーダーは優しく、その人を迎え入れました。

私は、ビックリしてしまいました。
さぼっているからできない。
言い訳ばかりしているからできない。

誰が見ても、わかるはずなのに・・・

私なら、その人に怒りの気持ちで怒鳴っていたと思います。
でも、たとえ怒って怒鳴ったとしても、言われる本人も不愉快だし、言った本人も不愉快。
そして、周りで見ている、みんなも不愉快になるだけです。

表現が難しいですが、怒りの感情だけで、怒鳴っても何も変わらないということです。
それは、子供であっても、ペットであっても同じことだと思います。

愛情のある、怒り方ってあると思うんです。
相手を思いやる、怒り方ってあると思うんです。

先日の、別会で怒りの気持ちをぶつけるような、投げやりな態度で発言した人がいました。

その発言に、同じように怒りの感情で反論しようとする人がいました。
私は、その人を制止して、一つ一つわかりやすく、冷静に説明をしました。
そして、自分が思っている、本音の気持ちを話しをしました。

言ってもわからない人は、いくら言ってもムダなんですが、その後の進行はスムーズにいきました。

怒りに怒りをぶつける。
そして、ケンカや争いになる。

怒りと怒りのぶつかり合いでは、何も生まれないですね。

単純なことなんですね。
ほんと、情けないですが40歳になってやっと気づいたことです。

私も、怒りの感情だけで相手にぶつけていたことが多かったと思います。

反省・・・

皆さんはどう思います?

にほんブログ村 住まいブログへ

私の所属する会社は→「夢ネット鹿児島」

-------------------------------------------
「今日の言葉」

闇があるから光がある。
そして闇から出てきた人こそ、
一番ほんとうに光の有り難さが分かるんだ。

- 小林 多喜二 -
[PR]

by yumenet-k | 2009-06-12 19:31 | 私が思う事

同じ場所で違う景色・・・   

先日の日曜日、「100km徒歩の旅」の現地調査する為に、朝5時に早起きして、6時に家をでました。
いつも、同じように通る道なのに、不思議と違う景色に見えました。

一つは、まだ日が昇りきってなかったからかもしれません。
もう一つは、朝から動いている人がいることです。
ウォーキングや、イヌの散歩をしている人はもちろんのこと、ビックリなのは、ゴミ拾いをしている人が多いことです。

おじいちゃんが一生懸命、大きな袋を持って、ゴミ拾いしていました。
たぶん、毎日か定期的にゴミ拾いをしているんだと思います。

たまたまなのか、他の場所でも多くの人が、ゴミ拾いをしていました。
ゴミを拾う人がいるといことは、それ以上にゴミを捨てる人がいるということです。

残念ですが、これが現実です。

一人一人が、モラルを守れば、こんなことにはならないと思います。
子供たちも、ごく自然に、ゴミを道に捨てています。
(目に前に、ゴミ箱があっても)

これは、子供も悪いのですが、大人が注意しなくなったこと、そして、大人も同じように、見本になってないということだと思います。


それに、スーパーやコンビニでの過剰包装は、止めた方がいいと思います。

100円のガムを1つ買えば、それに袋にいれてくれる。
でも、その袋はすぐにゴミ箱にいってしまいます。

ほんの少しの心がけがあれば、このおじいちゃんはゴミ拾いする必要は、ないはずなのに・・・

自分ひとりぐらいは・・・という気持ちは止めて、自分が変えていくぐらいの気持ちがあった方が、いいですよね。
私たちの、子供や孫達の時代に、必ずそのつけが回ってくるはずですから・・・。

にほんブログ村 住まいブログへ

私の所属する会社は→「夢ネット鹿児島」

-------------------------------------------
「今日の言葉」

顔の輝かない人は決して星になることがない。

- ウィリアム・ブレイク -
[PR]

by yumenet-k | 2009-06-09 08:57 | 私が思う事

住宅ローンの危機・・・   

ニュース
---------------------------------------------------
マイホーム競売最多 不況で返済行き詰る 旧公庫08年

不況のため住宅ローンの返済に行き詰まり、マイホームを競売で失う人が増えている。
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が08年度に競売にかけた住宅は記録のある02年度以降で最多となり、東京、大阪、名古屋の各地裁の競売件数も急増。
夏のボーナス大幅カットでローン破綻(はたん)が続出する「6月危機説」もささやかれている。
-----------------------------------------------------

こんなニュースが流れていた。
これだけ見ると、住宅ローンに恐怖を感じるように思える。
でも、実際に恐怖なのは、ボーナス払いだと思う。

日本経団連の調査では、大企業のこの夏のボーナスの平均妥結額は前年夏より19.39%の大幅減。

私も、サラリーマン時代に住宅ローンを組んだけれど、ボーナス払いをゼロにしている。
なぜなら、景気に左右されるから。

逆に、賃貸は安心かといえば、そうではない。
支払いができなくなれば、退去しなければいけないのは同じだ。

意外と、住宅ローンの方が軽減措置があったり、前向きに考えてくれることも多い。
残念ながら、賃貸の場合は、景気が悪いからといって、前向きに考えてくれることはまずない。

それに、ボーナス払いをした方が、月払いのみよりも、多少ではあるが、総額の支払いが増えることになる。

目の前の支払いだけなく、長期的な支払いも十分に考えて、住宅ローンは選択をしなければいけないと思う。


私の会社は
「夢ネット鹿児島」

----------------------------
「今日の言葉」

勇気とは、何か決断をする時に
失うものにフォーカスするのではなく
得られるものにフォーカスする行為である

[PR]

by yumenet-k | 2009-06-05 18:11 | ニュースの話