人気ブログランキング |

2009年 09月 12日 ( 1 )   

やっても後悔、やらなくても後悔・・・   

先日テレビで、全日本女子バレー代表の栗原恵さんのお母さんの言葉が紹介されました。
栗原恵さんが、中学2年の頃、地元広島を離れる時に、お母さんが言った言葉だそうです。

やっても後悔、やらなくても後悔、
どちらの後悔がいいのか自分で考えなさい


その後、栗原恵さんが、足の故障で医師から引退勧告をされたときも、この言葉を思い出し、あきらめず頑張ったから今の栗原恵があるそうです。

「頑張れ頑張れ」と励ますことも大切です。
「もう、辞めてしまえ!」と怒鳴ることも大切です。

でも、最終的に自分で決断できなければ、人にやらされているのと一緒です。

自分に置き換えてみると、自分はどうなのか?
疑問に思うこともあります。

何もやらなければ、ゼロです。
何かをやれば、必ず答えがでます。
その答えが、「できない」というものであっても、決してマイナスではなく、自分の成長になると思います。

できるか、できないかではなく、「やるか」「やらないか」の違いのような気がします。

でも、なんでもやればいいというものではなく、自分の感性に素直に反応すればいいと思います。
「好きか、嫌いか」
「興味があるか、無いのか」
「やりたいことなのか、やりたくないことなのか」

そんな単純なことでいいと思います。

さて、自分自身がどうなのか?子ども達が岐路に立ったときに、こんな言葉がかけられるのか?
まだまだ、自分自身修行中ですが、自分で決断できる人間になりたいし、子ども達にもなって欲しいと思います。

クリックお願いします!

にほんブログ村 住まいブログへ


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

-------------------------------------------
「今日の言葉」

「自分を信じる」のと、「自信がある」というのは、別です。
自分を信じると、どんな未来が来ようとも、
腰を据えてどっしりとしていられる。
「どうせダメだ」という気持ちがわいて来ないような感じ。

自分を信じていると、例えそのとき、自信がなかったとしても、
人生をトータルで見ると、いいほうに向かっていると
自分の今の行動を肯定できるのです。

もし、行動に移さない原因が、「自信がないから」という理由だったら、
それは大きな見当違いをしていると、私は思います。

自信なんて、あんまり、関係ないって。
自信がなかったら余計、行動して結果を出して、
目に見える形で自信をつければいいだけだから。

今までたくさん苦労してきたんだから、
そこまで、自分をいじめることはない。
自分だけは、自分のことを信じてあげてはどうでしょう?


-和田 清華-

by yumenet-k | 2009-09-12 13:36 | いい話