人気ブログランキング |

2009年 06月 12日 ( 1 )   

怒りは何も生まない・・・   

来年40歳になろうとしてる私が、やっと気づいたこと。
それは、怒りを爆発させては、何も生まれないということです。

ある会で、研修を言い訳ばかりしてさぼっている人がいました。
私は、まじめにやっているのに、さぼっている・・・

そして、本番・・・
研修をさぼっていたので、やはりその本人は、途中で脱落してしまいました。
またもや、その人は、言い訳ばかりしています。

私は、「さぼってばかりいるから、そうなるんだ!」と怒りがこみ上げてました。
しかし、その会のリーダーは優しく、その人を迎え入れました。

私は、ビックリしてしまいました。
さぼっているからできない。
言い訳ばかりしているからできない。

誰が見ても、わかるはずなのに・・・

私なら、その人に怒りの気持ちで怒鳴っていたと思います。
でも、たとえ怒って怒鳴ったとしても、言われる本人も不愉快だし、言った本人も不愉快。
そして、周りで見ている、みんなも不愉快になるだけです。

表現が難しいですが、怒りの感情だけで、怒鳴っても何も変わらないということです。
それは、子供であっても、ペットであっても同じことだと思います。

愛情のある、怒り方ってあると思うんです。
相手を思いやる、怒り方ってあると思うんです。

先日の、別会で怒りの気持ちをぶつけるような、投げやりな態度で発言した人がいました。

その発言に、同じように怒りの感情で反論しようとする人がいました。
私は、その人を制止して、一つ一つわかりやすく、冷静に説明をしました。
そして、自分が思っている、本音の気持ちを話しをしました。

言ってもわからない人は、いくら言ってもムダなんですが、その後の進行はスムーズにいきました。

怒りに怒りをぶつける。
そして、ケンカや争いになる。

怒りと怒りのぶつかり合いでは、何も生まれないですね。

単純なことなんですね。
ほんと、情けないですが40歳になってやっと気づいたことです。

私も、怒りの感情だけで相手にぶつけていたことが多かったと思います。

反省・・・

皆さんはどう思います?

にほんブログ村 住まいブログへ

私の所属する会社は→「夢ネット鹿児島」

-------------------------------------------
「今日の言葉」

闇があるから光がある。
そして闇から出てきた人こそ、
一番ほんとうに光の有り難さが分かるんだ。

- 小林 多喜二 -

by yumenet-k | 2009-06-12 19:31 | 私が思う事