「政治屋」と「政治家」の違いとは?   

市議会議員選挙始まりましたね。
昨日は、地元の市議会議員候補「杉尾ひろき」さんの演説を聞きにいきました。

やはり、地元ですから、どんな考えで、どんなことを話しをするのか、気になるところです。
最初は、応援演説で、県議会議員や町内会長さんなどの話しがあり、その後、当人の演説がありました。

なかなか、心に響く話しをしてました。
最後に、奥さんが涙ながらに、話しをしてました。

「これだけは言えます、主人は、政治屋ではありません」
「政治家です」


そうなんです。
私が見る限りでは、「政治屋」がとても多い。

選挙の為の活動が「政治屋」
地域の為の活動が「政治家」


政治屋さんは、パフォーマンスが上手で、イベントの盛り上がっているところに顔をだし、演説して帰っていく。
だから、目立つことだけを、やろうとしてしまいます。

私達が、夏祭りをしたときも、ある議員さん達が話しを聞きつけ、断っているのに、演説だけをして帰っていきました。

ん??

この夏祭りにために、何をしてくれた?
打ち合わせに参加した?準備の手伝いをしてくれた?

何と言うんでしょうか、パフォーマンスが上手な人の方が、目立ってしまって、縁の下の力持ちにはスポットがあたらない。
これが、現実だと思うんです。

そこを見極めることが、大切なような気がします。

まあ、ともかく、政治とは無縁と思う人も多いですが、選ぶ人がいないなら、白票でもいい。
選挙に参加することに意義があると思います。

投票に参加せず、政治や議員の悪口をいったってダメです。
自分改革をしなければ!!


にほんブログ村 住まいブログへ

鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

-------------------------------------------
「今日の言葉」

その目的の正しいことを知り、そして心を強くしておくことが
一番困難な日の仕事をやりとげる道なのです


- ウォルター・スコット -
[PR]

by yumenet-k | 2008-04-11 13:11 | 最近の出来事

<< 子供が喜ぶバイキング・・・なる... 次女の小学校デビュー >>