子供の授業参観   

昨日は、長女”ななか”の授業参観でした(^^♪

「服装はどうすればいいの?」
「別に普通でいいんじゃない?」

そうなんだ・・・
なんか、スーツでも着なきゃいけないのかと思ってた・・・


まずは、体育館で校長やPTA会長の話がありました。
校長の話は、学力の話。
全国平均からすると、”ななか”の通っている小学校は、少し低いようです。

へ~そうなんだ

まだ、小学生だから、私は学力のことはあまり気にしません。
でも、校長がちゃんと学力のことを話してくれたことには、共感をもてました。

PTA会長の話は、防犯対策ばかり・・・。
最近、子供が犠牲になる事件が多いので、しかたないとは思いますが、この世の中に少し寂しい気がします。


さて、メインの子供たちの勉強風景。
ちょうど、算数の授業中でした。

ん~、自分たちの時もこんな感じだったかな??

1つの問題をじっくりと、細かく質問しながら進めていきます。

例えば、85+42のひっさんの問題。
「この問題の1の位の答えがわかる人は手を上げて!」

そして、生徒が黒板に書き込んで、「これでいいですか?」
みんな「はい、おんなじです」

こんな感じです。


声をそろえて、返事していることに、とても違和感を感じました。
本当に、わかっているのだろうか?
違う答えの人は、いないのだろうか?

といっても、私たちの頃も同じように「みんなと一緒」という感じだったと思うんです。
でも、社会人になり、独立すると、考え方も違ってきます。
もう少し、個性を伸ばすような、教育でもいいような気がします。


私が一番気になったのは、先生に笑顔がないこと・・・
学力アップだけが、学校生活じゃないと思うんです。
やはり、喧嘩して仲良くなったり、「喜働哀楽」があると思うんです。

しかし、先生が「喜働哀楽」がなければ、子供たちにも伝えられるものが少ないと思うのです。
先生になる基準ってなんなんでしょう?
やはり、学力重視なんでしょうか?

それでは、少し寂しいような気がします。
学校に、多くのことは望みませんが、悪いことをしたときは、怖い顔で、しっかりと叱っていただき、良いことをしたときは、笑顔で褒めて欲しいです。

私が、欲張りすぎなんでしょうか??


↓鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/
[PR]

by yumenet-k | 2006-06-05 13:14 | 最近の出来事

<< 親の責任 おかげさまで1周年(^^♪ >>