人気ブログランキング |

「100km徒歩の旅」福岡会議   

先週末、1泊で福岡に行ってきました。
JC(鹿児島青年会議所)で行なった、100km徒歩の旅の全国大会です。

私個人的には、100km徒歩のたびで、学ぶものも多く、参加した小学生や、大学生を中心としたボランティアも成長したと思います。

しかし、それは自己満足だったのではないか?と自分に問い詰めることもありました。
それを、自分なりに検証するためにも、福岡会議に参加して、他の100km徒歩の旅を、覗いて見たいと思いました。

2日間の研修や報告会を聞いて、鹿児島の100km徒歩の旅が、他の団体に比べても、高いポジションにあることを自覚しました。
それも、7回も開催し継続してくれた、先輩達がいるからだからこそ、ということは十分に感じることができました。

鹿児島は、参加人数100名に対して、毎年2倍以上の申込みがあり、ボランティアも募集人数以上の申込みがあります。
他の、団体は参加者はもちろん、ボランティア募集にも苦労し、大変な状況のようです。

その、根本的な違いは、トップに立つ団長の100km徒歩の旅への想いの違いだと感じます。

100km徒歩の旅は、イベントや祭りではありません。
青少年育成事業であり、子供たちはもちろん、ボランティアの青年達の、生きる力を醸成する事業なのです。
そこを理解せずに、イベントありきで前進してしまい、ピクニック気分で事業を終わらせているところもあるようです。

私は、40歳を前にして、このような事業に参加できたことに感謝しています。
世の中に思うことはたくさんあります。

特に、子供たちを取り巻く、教育の問題。
そこには、根本的に変えていかなければなりません。

教育は、学校や先生だけの問題ではなく、親の教育も含まれます。

学校の事業では教えてくれない、家庭の中でも学べないことがたくさんあります。
それをわかっていても、今さら教員になったり、政治家になって改革をするなんてことはできません。
ましてや、口先だけで学校の先生に苦言をいっても、大きな変化にはなりません。

でも、この100km徒歩の旅を通して、将来大人になっていく、子供たちはもちろん、就職活動して社会人、教員になる学生ボランティア、そしてその親達にも、「生きる力」というものを伝えていけるものだと思います。

その小さな積み重ねが、根本を変えていく第一歩だと思います。

確かに、私も仕事があるので、できることに限界はあります。
でも、今しかできないこともあります。

やらないで後悔するより、やってから後悔する方が、ずっとましです。

来年、JC最後の年も、この「鹿児島100km徒歩の旅」を通して、何か一つでも伝えられたらいいな。
そして、私にとっても、かけがえのない友や、学びがあればいいな。

そんなことを、心から思っています。

クリックお願いします!

にほんブログ村 住まいブログへ


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

-------------------------------------------
「今日の言葉」

「夢」じゃなく、「目標」と言ってごらん。
なにか行動しようと思うから。


-斉藤 一人-

by yumenet-k | 2009-11-02 19:26 | JC活動

<< おはら祭りに、40周年式典 実行なければ意味がない!! >>