<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

SNS注意報!?   

先日、SNSからあるセミナーのお誘いがありました。

POINT
①まだ会ったことのない人から
②会費が必要である
③相手の立場に立ってない

少し考えさせられます。
特に③番は問題があります。

少なからず、相手の立場に立って
「必ずやお役に立てると思います」とか
「日ごろ聞けないような面白い話が聞けます」とか
「○○という特典があります」とか
ならいいのですが、、、

「鹿児島が盛り上がっているのを見せたい」とか
「○○さん(私の関係の無い人)の為にお願いします」とか
「どうしても人数が足りないものですから」とか
私に関係の無いことを言われても困るわけです。

私は、SNSは人の繋がりには非常に良いツールだと思っています。
日頃の人となりが伝わってきて「会ってみたい」とか「話をしてみたい」とかなるわけで、そんなつながりの中で、友達になったり、お互い興味をもったりするわけです。

何か順番を間違っているようで残念です。
いきなりビジネスの話やら有料セミナーのお誘いはNGだと思います。
ただ情報発信としてはOKだとしても、無差別な個別のダイレクトメッセージは少し考えなくてはいけない気がします。

また、私のように思っているのなら、「行きたいのですが用事があって・・・」とか、社交辞令をするよりは、きっぱりと相手に伝えてあげた方が相手の為だと思います。

便利な世の中になりましたが、「義の精神」を忘れてはいけないと思うのです。

クリックお願いします!

にほんブログ村 住まいブログへ


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://ee-yume.net/

不動産売却・査定専門はコチラ
htt://ee-myhome.net/

--------------------------------------
「今日の言葉」

今日逃げたら
明日はもっと大きな勇気が
必要になるぞ

[PR]

by yumenet-k | 2011-10-31 21:37 | 私が思う事 | Comments(0)

動き出したカジノ法案   

私の目に飛び込んできた記事。
10月に開催される国会に特定複合観光施設区域準備法案(通称カジノ法案)を提出される方針だそうです。
カジノによる来日観光客の増加と地域振興を最大の目的としているが、東日本大震災への復興支援に充てることや被災地域に施設を建築して地域振興の柱にするとの声もあり、国内でのカジノ設立が具体化しそうだ。

皆さんどう思いますか?
私個人的には賛成です。

カジノがいいと言っているのではなく、思い切った舵取りが必要な時期に来ていると感じているからです。
もちろん、これに代わる景気対策や雇用促進があるなら、そちらを実行してもらって結構です。

日本は素晴らしい知識やノウハウがあるのに、中国や韓国に追い越されれています。
それは、政治が妨げとなり思い切った舵取りができてないからだと感じます。

例えば、パチンコは許されているのにカジノは許されない。
何か中途半端ですよね。
どうせなら、両方ダメにするか、両方Okにするかすればいいのに、、、

ただ、私が思うのは実現するにせよカジノ特区にしなくてはいけないと思います。
韓国のように外貨獲得という大義があったので、外国人にだけカジノができるシステムになっています。(最近は緩和されているようです)

なので、ただカジノをするのではなく特区を作りその場所でルールづくりをしなくてはいけないと思います。
(例えば、九州地方1ヶ所とか)

そろそろ日本も保守ではなく、隣国に負けない攻める時期が来ていると思います。
もちろん反対勢力もあるでしょう。だけどトップの英断が必要ではないかと思います。

日本は沈没しそうになっています。
会社なら、倒産に近い状況だと感じます。

建設的な、思い切った舵取りをして欲しいと思うのです。

クリックお願いします!

にほんブログ村 住まいブログへ


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://ee-yume.net/

不動産売却・査定専門はコチラ
htt://ee-myhome.net/

--------------------------------------
「今日の言葉」

良い時も、悪い時も
同じ態度で接してくれた人だけ
信じられるんだ
そういう人と一生つき合っていきたい

- 落合 博満 -
[PR]

by yumenet-k | 2011-10-27 22:37 | ニュースの話 | Comments(0)

さて?どのような決断をするか。。。   

ある尊敬する社長が言いました。

「社長の仕事は決断することだ!」
深いな〜と思いました。
前進する決断もあれば、辞めるという決断もあります。


今年になって心がけているのは、できるだけ無駄を無くす決断をしていこう!

・さて、今日天文館に出陣するののは無駄なことなのか?有益なことなのか?
・このセミナーに参加するのは無駄なことなのか?有益なことなのか?
・ipadを買うことは無駄なことなのか?有益なことなのか?
・この買い物は無駄遣いなのか?有益なのか?

まあ、基本的に無駄なんてないと思います。
例えば、セミナーに参加して為にならなかったとしても、それは参加しないとわからないことなので、無駄ではないです。
ipadを買って有効に使えなくても、まだ可能性はあるし、使ってみないとわからないこともある。

価値観なんて人それぞれだし、プラス思考かマイナス思考かで違うと思う。
パチンコをすることが生きがいに感じている人もいるだろうし、天文館で飲み歩いてストレス発散している人もいます。

さて、私の決断は、、、
・好きか嫌いか
・興味があるか無いか
・やりたいことか、やりたくないことか

それにプラスして、優先順位は何なのか?を考えます。


私の周りでもいろいろな誘いがあります。
・やりたくもなのに「合ってるからやってみれば」と言われたり。。。
・興味もないのに「この商品は最高にいいですよ」と勧められたり。。。
・好きでもないのに「会員になれば!」と誘われたり。。。

基本的に、やりたくないことでも、興味がないことでも、好きでもないことでも、話を聞いてみたり、1回は参加してみたりします。
(参加してみれば逆転することがあるからです)

一番困るのは押し付けてくることです。
お互いの環境が違うのに、自分のモノサシで人を測る人がいます。
そうなれば平行線。。。誰もいい思いをしません。。。

また、興味があっても、優先順位が違えば先送りにしないといけないし、興味がなくても最優先順位なら一番最初にやらないといけないということです。

いろいろな付き合いがあったり、しがらみがあれば断る決断はしにくいこともあります。
でも、いつかはしないといけないのなら早めに決断した方がいいのではないかと思うのです。

クリックお願いします!

にほんブログ村 住まいブログへ


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://ee-yume.net/

不動産売却・査定専門はコチラ
htt://ee-myhome.net/

--------------------------------------
「今日の言葉」

不安もプレッシャーもありますが
それをはねのけられるのは
納得できる練習しかないんです

- 谷 亮子 -
[PR]

by yumenet-k | 2011-10-25 21:07 | 私が思う事 | Comments(0)

こんの営業電話がありました。。。   

先日の電話。

「○○会社のものです」
「明瀬様、もし20万円を手にできるとしたらどうですか?」

... 「は??」

「所得税を沢山収められていると思いますが、その所得税が20万円返ってくるとしたらどうですか!?」
「諭吉が20枚ですよ!20枚!」
「は〜」

「すごいチャンスです!!」
「なんと今回は、私が東京からそちらにお伺いしてお話させていただきます」

「結局何が言いたいんですか?」

「マンション投資で、節税対策ができるという、大変面白い話なんです」
「ぜひ、お話をさせていただきたいのです」

「あの〜、私は不動産会社を経営しておりまして、そちら関係はプロなんですが、、、」

「おっと、同業者ですか、これは失礼しました」
「ガチャ、ツーツーツーツー」

おマヌケさん!!今どきね珍しい臭い芝居営業電話。。。
[PR]

by yumenet-k | 2011-10-24 16:45 | Comments(0)

学校のあり方とは??   

昨日は、JC卒会した同級生と飲み会。
そこで、こんな話が、、、

小学校に不登校な児童がいて、校長からその生徒の親に他の学校への転入を勧めているらしいのです。
学校での態度が悪いからではなく、少し知恵遅れという判断をしているようです。
しかし、保護者は全くそのように思ってはいないようです。

実際に、その学校に携わっているわけでもなく、その生徒に会っているわけでもないので、正確な判断に困りますが、皆で意見交換しました。

私個人的な意見は2つ

1.親の甘やかし
何でも親がやってくれるし、「うちの子に限って、、、」と自分の子供でさえ分かっていなかったりする。
先日も、リサイクル活動がありましたが、働いているのは親ばかり、、、子供達はペチャクチャ喋って手伝おうとしない。(親が注意もしない)
学校で何かあれば、教育委員会に訴えようとする、モンスターペアレンツ。
こんな状況では、家に引きこもってしまうのもわかる気がする。

2.学校の「先生」不在
最近の学校で思うのは、「教師」はいるが「先生」がいない。
なんと表現すればいいかわからないが、「勉強」は教えてくれるが「道徳」は教えない(紙面上はある)。
生徒から見て教師は「仲良し」ではあるが「尊敬」はしていない。
できれば、やっかいな事は見てみないふりをして、本当の意味で、生徒と向き合っている「先生」が少ない気がする。


私たちの小学校時代を思い出し、家庭が厳しく、学校の方が楽しかったという意見あったり、悪いことをすれば、「先生」はもちろん、隣近所の人からも怒られたりもした。
「先生」は一目置かれる怖い存在だったりもした。

時代が流れているので、昔話をしても解決する訳ではありません。
私が思うのは、親達(父親も含む)もできるだけ学校の行事に参加して、「先生」や生徒たちともコミュニケーションが取れる状況つくるべきだと思います。
外からだけでなく、一緒に参加して内からも見ることが大切な気がします。

これから親として必要なのは、、、
我が子を客観的な視野で判断できているか?
学校を悪く言う前に、まずは自分たち親ができることは何なのか?
学校で教えてくれないものがあるなら、PTAでできることがないのか?

学校問題いろいろあるけど、まずは自分たち親がどうあるべきか考えなくてはいけない気がします。
生まれつき悪い子なんていません。
子育て期間の過程が大切な気がします。

そういう私も、まだまだです、、、

クリックお願いします!

にほんブログ村 住まいブログへ


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://ee-yume.net/

不動産売却・査定専門はコチラ
htt://ee-myhome.net/

--------------------------------------
「今日の言葉」

あなたが無為に過ごした今日という日は
昨日死んでいった者達が
あれほど生きたいと願った明日

[PR]

by yumenet-k | 2011-10-19 10:50 | 最近の出来事 | Comments(0)