<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

業務連絡!!(伊敷ニュータウン中古住宅売り出し)   

c0069483_9413321.jpg本日(1月31日)から、配布されるリビング新聞(えむえる)にチラシを折込しました。
といっても、地域限定でチラシを配布していますので、伊敷ニュータウン、玉里団地、下伊敷地域に約10,000部です。

見学会の日時は、2月3日(土)、4日(日)の10:00~17:00までです。
興味がある方は、ぜひご覧下さい!

特徴は、
「ハウスメーカーの家、広めの庭」
です。

最近は、小さな土地に区切って、小さな家を建築するケースが少なくありません。
この家は、60坪の土地に、33坪の家が建っています。
築年数は18年と経過していますが、ハウスメーカーの家ですから、しっかりしてますし、内装もリフォームしています。

庭も60坪の土地ですから、庭も十分広いです。


なお、不動産に関するご相談も受け付けておりますので、お気軽にお越し下さい!
場所は、伊敷きニュータウンのピエトロの近くです。
(当日は誘導看板があります)

詳しい情報はコチラ↓
http://yumenet.jugem.jp/?eid=7


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

-----------------------------
「今日の言葉」

進歩のない者は決して勝たない
負けて目覚めることが最上の道だ
日本は進歩ということを軽んじすぎた
私的な潔癖や徳義にこだわって真の進歩を忘れていた
敗れて目覚める それ以外に日本がどうして救われるか
今目覚めずしていつ救われるか


- 白淵 大尉 -
[PR]

by yumenet-k | 2007-01-31 09:46 | 仕事の事 | Comments(0)

我が家には”ありがとう”が足りない!!   

昨日の夜は、ちょっとしたことから、妻と長女”ななか”(小2)が言葉の行き違いで、ケンカ?が勃発。
まあ、ケンカというか、妻が”ななか”の言葉に傷ついたというか・・・

ともかく、私の結論は、

「ありがとう」

という言葉が我が家には足りないということです。
もちろん、私も含めてです。

2年前の年頭の目標が、”心からありがとう”ということで、ガソリンスタンドで給油してくれたら「ありがとう」、高速の料金所のおじちゃんにも「ありがとう」と意識することで、自然にどこでも、「ありがとう」が言える様になりました。

ところが、家庭内となると、ちょっと照れくさいのもあって、なかなか「ありがとう」が言えない。
「ごはんを作ってくれてありがとう」「掃除をしてくれてありがとう」
それが言えない。

妻だから、料理や掃除をするのが当たり前、ご主人は給料を貰ってくるのが当たり前、こういう考えでは、家庭が楽しくありません。

私自身から実践して、家庭内で「ありがとう」という感謝の気持ちを口にしたいと思います。
そうすれば、子供達にも伝わるものがあると思います。


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

-------------------------------------------
「今日の言葉」

自分を本当に納得させることができれば
人を納得させることは簡単である


- 利根川 進 -
[PR]

by yumenet-k | 2007-01-30 09:00 | 家庭の事 | Comments(0)

人間の器とは?   

最近考えちゃいます。
「自分は人間の器ちっちゃいな~」

最近、稲盛和夫さんの本「生き方」という本を読んでいます。
そのきっかけは、京セラの創設者でもある、稲盛さんが故郷である、鹿児島にホテルを建て、鹿児島大学にも会館を設立し、とっても貢献している。

時には、無料講演までしてくれています。

なぜ、そこまでできるのだろう?

この本を読んで、「人間の器の大きさ」の違いに驚かされます。


私は・・・
人の噂を聞けば、ついその人を偏見の目で見ていたり。
「何で私に相談しないんだ~」と怒ってみたり。

などなど、ふと、気がつけば、人の責任にしていたり、小さなことに悩んでいたり。
自分が、いやになることがあります。

人の噂なんて、良いことも悪いことも山ほどあります。
(どちらかというと、悪いほうが多いかも)
だけど、自分の目で、感覚で確認しなくてはいけないのに、人に流されてしまうことが多い。

「何で相談してくれないんだ~」と怒る前に、自分になぜ相談しなかったのか、考えなければいけないのに・・・。

自分は、まだまだですね。

でもね、自分で「人間の器」を大きくするトレーニングはできると思うんです。
尊敬できる、人の本を読んだり、話を聞いたり。

私の周りにも、器の大きな人がいます。
私も見習って、「器の大きい人間」になりたいと思う、今日この頃です・・・。

鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

-------------------------------------
「今日の言葉」

人の生き方には二種類しかない。
ひとつは、奇跡など起こらないだろうと思う生き方、
もうひとつは、奇跡は必ず訪れるだろうと思う生き方。


- デール・カーネギー -
[PR]

by yumenet-k | 2007-01-28 23:29 | 私が思う事 | Comments(0)

思わずガッツポーズ!!   

今日は朝から雨・・・でも、私の気持ちは快晴!!

それは、朝の電話から始まりました。
「OKになりました!」

お客様のマイホームが手に入れられるか、入れられないか・・・。
去年末から、返事待ちの状態です。

それが、今日の電話でOKが出たのです!
私は、思わず一人でガッツポーズをしてしまいました。

「これでダメなら、あきらめよう」
「やるだけのことはやった」


そうお客さんと話をしていたんです。
それが、OKになったんです。

これほど、嬉しいことはありません。
いや~、1日1日が長く感じました。
たぶん、お客さんは、私の何倍も長く感じたことでしょう。

正直、夜も寝られないぐらい、この結果をまってました。
なんか、今日は大雨だったけど、気分は快晴です。

おかげさまで、書類の作成やらで今日は、ドタバタした一日でした。
でも、充実した1日でもありました。

今日は、思い切り熟睡できそうです!

Kさん、マイホームの第一歩、おめでとうございます!(^^♪。

鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

------------------------------------
「今日の言葉」

まず皆にわかってもらいたいのは「一番最初にする勇気」
宣言した後は注目が集まりプレッシャーもかかるが
結果を残しさえすれば周りも認めてくれる


- 新庄 剛志 -
[PR]

by yumenet-k | 2007-01-26 23:43 | 仕事の事 | Comments(0)

説得力と納得力の違いは?   

最近、考えることがあります。
売れる営業とは?

「説得力のある人間だ!」

説得力を辞書で調べると

相手を納得させるだけの力。その力のある話し方や論理の展開のしかた。

だそうです。

私も、昔はそう思ってました。
なので、上司のマネをして、お客さんを説得してました。

「いや~予算が厳しいんだよ~」
「何とかなりますよ、長期のローンにしてしまえば、月払い○○円ですみますから」

「この場所は、冬になると寒いから~」
「四季を感じれるこんな場所は、他にないですよ~」

なんて感じです。


営業マン同士でこんな会話があるほどです。

「紫原の土地を希望している、お客さんを吉野で契約させちゃったよ~」


でも、ある時デパートでお客さんに会って、無意識に身を隠してしまう自分がありました。
そうです、どこかに後ろめたい気持ちがあったんだと思います。

狭い鹿児島の中で仕事をするのに、堂々とお客様と挨拶もできないということは、とても悲しいことです。
私は、気づきました、納得していないものは、説得力ではないと!


それからは、じっくりお客さんの要望や悩みを聞いて、納得いくまで話をして、マイホームの提案をするようにしました。
もちろん、お客様が納得しても自分が納得できなければ、意味がありません。
おかげさまで、成約になったお客様とは笑顔で会えるようになりました。

逆に残念ではありますが、他の不動産屋をいろいろ回っているお客様とは、縁が少なくなりました。
しょうがないです、「とりあえず申し込みましょう!」「早くしないと他のお客様がいますよ!」という口先だけの営業トークを使うことがないからです。

私は、それはそれでいいと思います。
お客様の選択は自由ですから!

私は、お客さんとのフィーリングも大事だと思ってます。
お互い、無理して付き合う必要はないと思います。

お客様が、何でも相談できる、いつも笑顔で会えるような関係が理想だと思います。

私は、思うんです。
実は、説得力じゃなくて、納得力じゃないのかな?って
誰か、納得力向上の方法知りませんか?


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

---------------------------------
「今日の言葉」

終わりというものはない
始まりというものもない
人生には無限の情熱があるだけだ
始まりと思うのも自分
もう終わりと思うのも自分


- フェデリコ・フェリーニ -
[PR]

by yumenet-k | 2007-01-24 19:36 | 仕事の事 | Comments(0)

眠れない・・・   

「ママ、ママ・・・」

夜中、私の隣で寝ている、次女”ももか”(4歳)の泣き声が、寝室に響きます。
どうも、妻と一緒に寝たかったらしい・・・

リビングのソファーでいつの間にか寝てしまったので、私の横に寝かせたのに、これだ・・・
毎日一緒にいる、妻には勝てないということですかね((+_+))。

しょうがないので、妻のベットの横に寝かせました。
それからが、眠れない。

「いたい、いたい・・・」

今度は、”ももか”の足が痛いと泣いています。
最近、多いんですよこんなことが・・・。

たぶん、成長期なので、夜中に足がいたくなるんだと思うんです。
私も、小さいころに、涙が出るほど足が痛かったように思います。

携帯の時計を見ると、もうすぐ4時・・・

やべ~明日も仕事だから寝ないと!!

眠りにつくころに、妻の携帯のタイマーが鳴り響き、私に声をかけます。

「お父さん、あまり調子がよくないから、”なな”(長女)を起こして」
「ん~ん」

眠い目をこすりながら、”ななか”を起こし、ごはんをつくり、着替えさせ、学校まで送っていきました。
なぜ、学校まで送ったかというと、先日近くの中学校に、脅迫電話があったそうです。

「○○学校の生徒を殺す!」

という電話だったそうです。
最近、凶悪な事件が多発しているので、やはり他人事ではありません。
自分の子供は、自分で守るしかないのです。

残念ですが、物騒な世の中になってしまいました・・・。

そんなこんなで、今日はとっても眠いです。

でも、頑張らなくては!!

鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

----------------------------------------
「今日の言葉」

一番無駄に過ごした日は、笑わなかった日である

- シャンフォール -
[PR]

by yumenet-k | 2007-01-23 12:06 | 家庭の事 | Comments(0)

東京の2日間   

18日、19日と東京に出張でした。

「年に一度は東京に行く!」

と決めて、今年も、何とか行くことができました。

さすが東京。
人の多さも、高層ビルの高さも、ビックリします!

初日は、研修があり講演や発表などありました。
このような研修も、何も感じるものがなければ意味がありません。

研修会に参加した、他県の人は感じるものがあり、ビジネスのヒントになることを、教えてくれました。
同じ研修を受けても、人によって感じるものが違うんだな~と思う瞬間でした。

もちろん、何か感じるものがあり実践する人の方が、成功に近づくと思います。

反省、反省です・・・


ところで、今回は芸術鑑賞というのも踏まえ、ミュージカルに行ってきました。
それも、劇団四季2公演!

「なんだよ~、遊びかよ~」

と思わないで下さい。
鹿児島で、劇団四季の公演があるのは、年に一度あるかないか。
福岡でも、キャナルチティーにある1ヵ所のみ。

東京では、何と6公演もあるんです。
だから、こんなチャンスはないんです。


1.キャッツ
c0069483_10524673.jpg皆さんもよくしっている、キャッツは専用シアターになっています。
中に入って

えっつ!?

と驚くほどのステージ。
まるで、ディズニーランドのアトラクションのような、凝ったステージなんです。
これは、見ないと分からないですね・・・

公演が始まると、ステージが回転。
驚きの連発です。

皆で踊るダンス。
皆で歌うアンサンブル。

さすが、キャッツって感じでした。


2.オペラ座の怪人
c0069483_1053457.jpgこの有名な「オペラ座の怪人」のストーリーすら、知らない私。
やはり、少し予習をするべきでした。

内容はさておき、一番の驚きなのは「生」なんですよ「生」

公演の一部が終わる前に、舞台の前で指揮者らしき人が、かすかに見えます。

「へ~、オペラという演出だから、指揮者がいるんだ」
「イヤ、オペラの歌を歌うときの指揮をしているのかも・・・」


とか思ってました。
一部が終わり、休憩になりました。
トイレを済ませ、なんとなく指揮者がいた場所に行ってみると・・・。

えっつ!?何これ??

指揮者が見えていた下(地下部分)にオーケストラが狭いところに、スタンバイしていたんです。
そう、「生オーケストラ」だったんです。

たぶん、指揮者だけは、舞台を見ながらオーケストラを指揮しているので、会場から見えたんですね・・・。

一部は「生オーケストラ」とは知らず、舞台を見ていたと思うと損した気分です。
しかし、途中で気づいて本当によかった!。

あの、狭い中で、舞台がまったく見えないのに、指揮者だけを頼りに、舞台で演じる人と、息をピッタリ合わせられるというのは、本当に素晴らしい。
感動しました。


ココに、すべてを書くことはできませんが、年に一度は東京に足を運び、ビジネスにせよ芸術にせよ、何か感じることが大切だと思います。

おかげさまで、充実した2日間でした。

今年は、家族で東京ディズニーランドに行く予定なので、子供達にも何か感じるものがあればと、思っています!


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/


------------------------------
「今日の言葉」

自己の最善と信じるところに従って行動しない者は、
最も嬉しい時に笑い
最も悲しい時に泣くことのできない者に似ている。


- ジャン・マリイ・ギュイヨ -
[PR]

by yumenet-k | 2007-01-22 10:54 | 最近の出来事 | Comments(0)

介護の話と言ってもね・・・   

「介護と言ってもな~」
「不動産に関係ないしな~」



と思いながら、昨日は「介護の話」の勉強会に参加しました。
去年から始めた、私が発起人となって始めた、異業種交流会「頼んど会」の勉強会です。

少人数ではありますが、飲食一切無しの、マジメな勉強会です。

異業種なので、まずは会の皆さんがどんな仕事をしているのか、毎回交代で発表することにしたのです。
今回は、「ホームヘルプサービス小山田」の責任者のお話でした。

私とは縁がないと思っていた「介護の話」でしたが、実際に話を聞いてみると、なるほど~と思うことがたくさんありました。
私達が知らないところで、行政が新しいことをやることもあるし、廃止になることもある。

まったく不動産に関係のないと思っていたのに、不動産に繋がる話もあったりして、とっても参考になりました。
やはり、固定概念で決めつけるのではなく、頭を柔軟にして聞く耳を持つことは、大切なことだと思いました。

自分自身、まだまだ先の事だと思っていた「介護の話」でしたが、自分達の親や、将来的には自分自身のことも考えなくてはいけないと感じました。

泣いても笑っても、この時は待ってくれません。
一歩一歩、年を重ねていきます。
だからこそ、将来の自分を考えて、今をどう生きるのかしっかり考えないといけません。

私にとって一番心配なのは、年金の問題です。
私達が、年金をもらう頃になって、本当に財源はあるのでしょうか?

国や自治体に頼るのではなく、自分自身で道を切り開くしかありません。

今からでも遅くないので、将来のことについて、じっくり考えたいと思います。


追伸:19日、20日は東京に出張します。書き込みできないかもしれません・・・


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/


------------------------------------
「今日の言葉」

       夢なき者は理想なし
       理想なき者は信念なし
       信念なき者は計画なし
       計画なき者は実行なし
       実行なき者は成果なし
       成果なき者は幸福なし
       ゆえに幸福を求める者は
       夢なかるべからず


       -作者不明-
[PR]

by yumenet-k | 2007-01-18 19:04 | 最近の出来事 | Comments(0)

本音と建て前   

不動産業をしていると、考えさせられることある。

先日も、ある分譲地の中古住宅を「売りたい」とのことで、査定をすることになった。
現地を見に行って、リフォームされていてとても綺麗な中古住宅。
しかし、同じ分譲地の中で、他にも多数売り中古住宅が存在する。

ここで、悩むところ。

机上では、リフォームをして綺麗になっているし、高く査定できる。
しかし、同じ分譲地の中で、多く売れていない中古住宅が残っている。
(高く売れる状況ではない)


お客様の立場→できるだけ早く、高く価格で売りたい

何を売るにせよ、売りたい人にとっては当たり前に考えること。


私の立場→できるだけ早く、責任を持って売ってあげたい

マイホームを売るわけですから、できるだけ早く責任を持って売ることは当然のこと。


私は、悩んだけれど、現状で責任を持って売れる金額で査定をした。
高く、査定をすることは、簡単なこと。
しかし、売れなければ、まったく意味がない。

「すいません、この価格じゃうれませんでした・・・」

と後から、値引きの交渉をするのは私は嫌だ。

ましてや、とりあえず高く出しておいて、だんだん値下げをする。
そんな時代でもない。
情報社会なので、最初に高い値段のものは、後から値引きをしても「売れ残り」というイメージがあり、人から敬遠されてしまう。


とはいえ、売りたいお客さんの都合もある。
残りの住宅ローンやリフォームローン。
借入が残っていれば、どうしても、高い金額で売らなければいけないこともある。

だから、この査定見積もりはあくまでも、現状を知る「参考」でしかない。
最終的には、売り価格は、売る人が決めることだと思う。

ただ、現状を知ってないと、売れなかったときのショックは大きい。


不動産には、専任契約というものがある。
この専任契約は、一定期間(最長3ヶ月)1社の不動産屋さんが、売りを任されるということ。
簡単に言えば、この不動産屋さんを通さないと、この売り物件を売ることができない。

だから、不動産屋さんは本音の「売れる価格」ではなく、建て前の「高い売り価格」で査定をしてしまう。
それは、とりあえず、不動産屋さんは売り物件を任せてもらいたいからこそ、「高い売り価格」を設定してしまうのだ。

不動産屋さんは、専任契約を結んでしまえば、最長3ヶ月間は、売り物件を預かれるのだから、だんだん値下げしていけばいいという考えになってしまう。

「売れる価格」と「売り価格」は決して一緒ではないことを理解することも大切だと思う。


私は思う。
「高く売れますよ~」と高い査定金額をだして、売り物件を預かって、後から値下げ交渉をするよりは、

「私が責任を持って、売れる価格はこの価格です」
「お客様は、いくらで売りたいのでしょうか?」


と本音で話が出来る方が、気持ちがいいような気がする。
人間は、誰しも「本音と建て前」がある。
だからこそ、本音で話ができるパートナーを見つけなければいけないのでは?


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

----------------------------------
「今日の言葉」

青い鳥を追いかければ追いかけるほど青い鳥は逃げていく
ということが言われるが、その本質はこうである。
青い鳥になぞらえている幸福というものをつかもうとすることは
とりもなおさず、今現実が不幸だからであり
満たされない意識が心の奥底にあるから
あえて青い鳥をつかまえようとして苦を刻んでしまい
ますます波動を悪化させてしまう図式である。
本当に幸せなら、誰もあえて幸福など求めるものか。

青い鳥を追いかけているうちは、決して幸福にはなれない。
まず幸福になろう、とは考えないで
自然に喜びを感じるようにすればいい。
幸福を求める気持ちからとりあえず離れ
自分の生き方から変えていくべきである。


- 「たったひとつの赤い糸と出会う法」 -
[PR]

by yumenet-k | 2007-01-17 10:20 | 仕事の事 | Comments(0)

妻の誕生日!   

本日、1月15日は妻の○○回目の誕生日です。

ということで、1日早く昨日、お食事会に行ってきました。
場所は、吉野町の「ラピュタボタン」。

前は、職場が吉野だったので、時には行くことがありましたが、独立してからは、あまり行くことがなくなりました。

久しぶりの、「ラピュタボタン」で楽しみにしてたのですが・・・
車の中で、子供達は全滅。
眠りにつきました((+_+))。

どうしよう・・・

でも、予約をしているので、各自子供を抱きかかえ、店内に入りました。
夜景の綺麗な、オシャレな席は、残念ながら、木のイスなので、子供達を寝かせることができず、ソファーのある普通の席に座りました。

(あ~あ、せっかくだから、景色のいい席がよかったな~)

座ったとたんに、一番下の長男を除き、起き上がってきました。

(なんだよ、だったら、景色がいい席にすればよかった・・・)

と何だかんだで、コース料理を注文。
久しぶりの、「ラピュタボタン」だったので、サラダ、スープ、ハンバーグとも、とってもおいしかったです(^^♪。

子供達も、「いつも食べるのよりおいしいね!」と発言。

(いつも食べるの??妻の料理??いつものファミレス??)

ともあれ、子供達も喜んでました。

c0069483_10321312.jpgおかげさまで、お腹いっぱい食べさせていただいたので、私が買っていた、ケーキは本日に持ち越しとなりました。


追伸:妻の年齢を間違えて、ローソクの本数1本少なくしてしまいました・・・
少ない方でよかった・・・
30歳過ぎると、何回目の誕生日なのか分からなくなってしまいますね(>_<)。


鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/


--------------------------------------------
「今日の言葉」

事は自分で見つけるべきものだ。
また職業は自分でこしらえるべきものだ。
その心がけさえあれば、仕事・職業は無限にある。


- 豊田 佐吉 -
[PR]

by yumenet-k | 2007-01-15 10:29 | 家庭の事 | Comments(0)