県議会議員”藤崎たけし”さん   

選挙・・・政治・・・政党・・・まったく興味がありませんでした。
(本当はそれじゃいけないんですが・・・)

選挙といえば、立候補者がどんな人なのか、どんな考えを持っているかも分からず、親戚から「投票お願いね!」と言われ、しょうがなく投票に行くことも少なくなかったです。

政治と言っても、自分には遠い存在だし、どうしようもできなことと思ってました。

それに、”先生”と呼ばれる議員の方々は、選挙のことばかり考えていて、敷居が高いし、偉そうな人が多いんだろうと思ってました。

しかし、この人に会って考えが変わりました。
それは、県議会議員の”藤崎たけしさんです。
(すいません、先生とは呼びません)

何かの会合で会ったのがきっかけで、それから、帰宅途中に藤崎さんの事務所に顔を出すようになりました。

なんと言えばいいんでしょうか?アットホームな感じなんですよね~
かたっ苦しくないというか、親しみ安いというか・・・

それでいて、表面だけの付き合いだけでなく、深くお付き合いができる人です。

仕事面では、突然電話がかかってきて、

「明瀬さんと気が合う人だと思いますよ!」

と人を紹介してくれたり、

プライベートでは、突然電話をして、

「今、近くの居酒屋にいるんですが、でてきませんか?」

と家族同士で、飲みに言ったり、気心の知れた友人って感じです。
(大変失礼かも知れませんが・・・)

はっきりいって、県政とかマニフェストとか100%理解しているわけではないのですが、議員としてではなく、シンプルに興味がある好きな人間です。

昨日は、県議会選挙前の最後の後援会がありましたけど、選挙というのは大変労力がいって、人と人の繋がりが大切だと感じました。
参加したメンバーも、大会社の社長というわけでもなく、気心の知れた仲間の集まりだと思いました。

今回は、なんとなく、県議会議員の中にも、こんな人がいるんだと言う事を、一人でも知ってもらいたくて、書き込みました。

私が思うことは、「しょうがなく」とか「付き合いで」とかで、選挙で投票するのではなく、ほんの少しでも、その立候補者のことを理解することが大切だと思います。

そして、自分の1票の大切さに気づくことではないでしょうか?

藤崎さんのブログはこちら↓
http://fujisaki.exblog.jp/

鹿児島で不動産 『夢ネット鹿児島』ホームページはこちら
http://www.ee-yume.net/

----------------------------------------------
「今日の言葉」

情熱とは、自分のしていることにわくわくすることだ

情熱がなければ偉大なことを成し遂げることはできない


- アレクサンダー・ロックハート -
[PR]

by yumenet-k | 2007-03-01 23:29 | 最近の出来事 | Comments(0)

<< 我が家のマイブーム2! タミフルの副作用で考えること・・・ >>