【ついてる日記69】愛に満ちた一言を   

毎週月曜日に届く「みやざき中央新聞」にこんな内容が書かれていました。

Aさんの友人の息子が横断歩道を徒歩で横断中に、トラックにはねられ重症で病院に運ばれたそうです。

幸運なことに一命は取り留め、病室にトラックの運転手である加害者の人が警察とやってきたそうです。

その加害者の態度が横柄に見えて、Aさんは胸ぐらを掴んでやろうと歩みよったとき、友人は加害者にこう言ったそうです

「息子の命を助けてくださってありがとうございました」
「事故を起こしてあなたもつらかったでしょう」
「でもすぐに救急車を呼んでくれたおかげで息子は一命を取り留める事ができました」

その瞬間、それまでふんぞり返っていた加害者が床に崩れ落ち、声を上げて泣いたそうです。
そして何度も何度も「申し訳ありませんでした」と謝ったそうです。

私には衝撃的な内容でした。
私には、到底このような事はできない気がします。
怒鳴ってるか、今は会いたくありませんと面会拒否するか。。。
例え、怒鳴ったとしても、誰一人幸せにはなりません。

ひょっとしたら、被害者である息子にも、親の大きさを感じる瞬間だったのかもしれません。

その一言で人生を変える事もあるという事を考えさせられました。

さて、今日も一言を大切に頑張っていこう!

ついてる!ついてる!!
c0069483_9584351.jpg

c0069483_959410.jpg

[PR]

by yumenet-k | 2017-06-09 09:59 | ついてる日記 | Comments(0)

<< ついてる日記70~真の強さは中... 【ついてる日記68】親の背中 >>