民事信託(家族信託)とは??   

おはようございます。おひさまSUN!SUN!ですが、週末雨ですね。。。
バザーが。。。朝市が。。。のきさき市が。。。
でも、天候は仕方ないですね

昨日は、急遽キャンセル待ちをしていたビジネスランチ会に空きがでたということで参加!
15時から「民事信託(家族信託)」についてお勉強。

慣れない、信託の話でしたが、目からウロコ勉強になりました。
将来の相続について、信託することで、遺言や後見人制度とは違い使いやすい内容でした。

私も今年実際に、こんな経験をしました。
土地を売却したいと息子さんから要望があったのですが、名義変更の手続きをする司法書士に母親の本人確認をしてもらったところ、痴呆で意思確認ができず、医師の診断書も痴呆と認定されました。

この場合、裁判所に申請をすれば、後見人制度というものがあり、裁判所が指定する人が代理人になります。
しかし、身内が代理人なるわけではなく、第3者(司法書士や弁護士)が指定されます。
その場合、資産に関する内容については後見人(代理人)の許可が必要になります。

最終的に、後見人の手続きや資産のやりとりに許可が必要と言う事がネックになり取引はキャンセルされました。

こんな時に、資産を民事信託(家族信託)して、意思表示しておくとスムーズに取引ができます。

ここ3日は勉強することばかり!やはり日々勉強ですね。
さて、本日もPTAの部会や、たにやま未来会議など参加して勉強するぞ!(仕事もするぞ!)

今日も、楽しんでいきましょう!
c0069483_933582.jpg

[PR]

by yumenet-k | 2015-11-20 09:34 | 仕事の事 | Comments(0)

<< 早朝の風景 学びの場「アニキ塾」 >>