NOと言われることもある、、、   

私がよく行く蕎麦屋さんは、携帯電話はもちろん騒がしい子供がいる場合、入店を断ります。

先日は、不動産を売るお客様が、買いたいと言うお客様を断りました。

なぜか?

契約の当日に条件変更を言ってきたからです。
買いたいお客様は、安易な気持ちで考えていたと思います。
もし、条件が受け入れられなければ、元の条件に戻せばいい。
そんな、軽い感覚だったと思います。
しかし、結果的には「他のお客さんを探して欲しい」という売主側の結論になったわけです。

これが、事前に相談でもあれば、話は違っていたと思います。
不動産の取引は、価格だったり、お金持ちかお金持ちでないか以前に、相手とのフィーリングだったり、性格的な問題もあるのです。

私は、お客様と取引する時の多くは、性格や状況が良くわかっています。
ですから、買いたいお客様と、売りたいお客様との仲人(なこうど)的な存在だと思うのです。
不動産は大きな買い物だからこそ、不動産のプロとして、スムーズに取引が進むように仲人することが、私の仕事だと思ってます。

だからこそ、何でも疑問に思った事や、悩みがあれば事前に相談して欲しいと思うのです。

不動産は世界に一つしかないものですから、後悔のないように商談する事をお勧めします。
その為には、何でも相談できる仲人を見つけることが大切だと思います。
[PR]

by yumenet-k | 2011-04-24 11:28 | 仕事の事 | Comments(0)

<< クレームでありながらクレームで... 久々の爆睡休暇、、、 >>